格安飛行機を使って旅を楽しむ。

旅行って、意外と交通費への出費が大きかったりしますよね。特に飛行機は高いから使いたくないな、と思っている方もいるのではないでしょうか。だからと言って、新幹線や電車での移動は時間がかかるし、車での移動は渋滞が気になります。そんな時はぜひ、格安飛行機の利用を検討されてみてはいかがでしょう。同じ目的地に行くのに、従来の飛行機より料金を安く済ませることができます。
例えば、格安飛行機を利用し、ちょっと交通費を節約して、浮いたお金で旅先のおいしいものを食べるというのはどうでしょう。滞在するホテルのグレードを上げるのも、いいアイディアかもしれませんね。今まで交通費に消えていたお金、移動で消えていた時間を使って、もっと旅行を楽しみましょう!
しかし、安いと今度は安全面が気になりますよね。もちろん、安いからと言って、安全面がおろそかになっているわけではありませんよ。十分な訓練を積んだ乗務員が搭乗しています。従来の飛行機となんら変わりありません。感覚としては、空の新幹線と言ったところでしょうか。
安くて安心して乗ることができるなら格安飛行機を使わない手はないでしょう。
これからは安く気軽に飛行機で旅を楽しむことができます。

格安飛行機に乗るときの注意事項

最近、格安飛行機が増えてきていますね。価格が安く、飛行機が利用しやすくなったことにより旅行へ行く機会が増えたという方も多いのではないのでしょうか?そんな格安飛行機ですが、利用する際には知っておくべき注意点がいくつかあります。
1.割引の設定期間が常に変わります。…割引率の高いものは繁忙期に割引がなくなる事があります。
2.予約の変更が不可な制度があります。…予約の変更が不可な場合はキャンセルしなければなりません。
3.予約のキャンセルは取り消し手数料が高額な場合が多いです。…割引率が高いもの程、手数料が高くなってしまいます。
4.割引を利用できる座席数は決まっています。…飛行機の座席全てが割引を適用されている訳ではありません。
以上の4点には特に注意しなければなりませんね。また、機内サービスは有料なこともあります。格安で旅行に行くつもりが、予約をキャンセルすることになるとかえって高くついたりしてしまうこともあります。そのため、旅行を格安で楽しむにはしっかりと計画を立て、常に航空会社の情報をチェックする必要があります。また、格安飛行機のことをよく知り、できるだけお得に飛行機に乗って旅行を楽しんで下さいね。

格安飛行機、各社の比較

旅行にはお金がどうしてもかかってしまうものですよね。そんな中でお金を抑えられるなら抑えておきたいのが交通費です。ここでは飛行機について見てみましょう。
日本には貨物航空会社を含み25社の航空会社があります。その中で近年4社から格安飛行機が出ています。1社目のピーチ・アビエーションは関西国際空港を拠点としており、座席の種類はファーストシートからスタンダードシートの4種類準備されています。個人料金があり、5人以上から適用の団体料金も取り扱っています。2社目のジェットスター・ジャパンは国内線のみですが、一部のコンビニエンスストアから航空券が買えたりと手軽にチケットが手元に届くことができます。また、航空機内で購入したお酒を飲むこともでき、目的地に到着するまでの時間、晩酌を楽しむこともできます。3社目のバニラ・エアは手荷物が20kgまで無料で持ち込むことができ、国内のほかにアジア圏の韓国・台湾・香港にもいくことができます。航空券わくわくバニラは期間等限られていますが1000円(手荷物代は別途必要)で搭乗券は購入することができます。4社メガネの春秋航空日本は国内線のみで、搭乗者数は少ないですが、広々としたシートが用意されています。すべてボーイング機を導入しています。
それぞれ格安飛行機にも独自のサービスがありますので、何に重きを置くかで選ぶことができます。

こちらのようなサイトで格安航空券を予約すると、各航空会社の特徴や、注意点の情報を比べることができるので、安心です。簡単に一括検索できるのもありがたい機能といえます。

格安飛行機は危険ではないのか。

一昔前まで飛行機での旅行をしようとしたら、5万円は最低限交通費として見ておかなくてはならないほど高級な乗り物でした。しかし格安航空会社による格安航空券が次々と発売されて近年はバスや新幹線と同等若しくは飛行機の方が安い場合すらある状況になりました。
そのような中で私達利用者が一番心配な事は格安飛行機の安全性です。やはり格安なだけあって整備が不良だったり、定員をオーバーしているにもかかわらずフライトを決行しているのではないかと不安になる方もいると思います。しかし格安飛行機だからと言って整備が疎かだったりするわけでありません。
安全面でのコストカットをしているのではなく、機内サービスが簡素化されていたり、手荷物を預ける際に有料だったりと今まで飛行機特有の手厚いサービスを最低限のサービスで補うことで人件費を削減したり今までの飛行機では無料だった所のサービスを有料にすることで低価格の料金設定を実現しています。海外旅行なら機内サービスも必要ですが、国内旅行に関しては機内サービスがなくてもフライト時間は短いですし、手荷物に関しても預ける程の量にはならない場合が多いです。移動する手段として格安飛行機は非常に優秀です。

格安飛行機のフライトアテンダントは…

会社が費用を出してくれる出張とは違い、個人で旅行する場合はその交通手段にも頭を悩ませます。交通費をなるべく節約したい場合、少し前までは夜行バスが主流でしたが、最近では格安飛行機が多く参入し、選択の幅が広がっています。
この格安飛行機ですが、この値段なら日帰りでふらっと行ってしまえるのではないかと思うくらい、本当に安い価格設定となっています。この安さの秘密の一つとなっているのがフライトアテンダントです。 過剰な機内サービスを抑え、必要最低限の機内販売やサービスを行うことにより人件費を削減しています。しかしながら安全確認や案内はしっかりしているので安心して利用できます。
また大手に対抗するため、その土地のイントネーションや方言で機内アナウンスをしたり、通常シックな色使いの制服を自社のイメージカラーやデザインで目をひくデザインにしたり、逆に制服を廃止して私服にジャンパーを羽織ったりと各航空会社でさまざまな特色を持っています。
ただの移動手段だからと、適当に選んでしまいがちですが、お手頃な価格で用意されている格安飛行機を利用する際は、各社のフライトアテンダントの特色で楽しんでみるのもいいかもしれません。